和歌山県和歌山市紀三井寺

楼門編 本堂編
概要
広告スペース

紀三井寺 楼門
日本さくら名所100選にも選ばれている和歌山市にある紀三井寺は、宝亀元年(西暦770)唐僧の為光上人が、佛法弘通のためこの地に至り、名草山に梵宇を建立し観音像を奉納したことに始まります。
あざやかな牡丹と菊の欄間です
楼門の欄間には、あざやかな牡丹と菊の彫刻がされています。

楼門から上に231段の石段があり結縁坂(けちえんざか)と呼ばれています。参詣者泣かせの急坂ですが、登り終わった後の風景は絶景です。

真っ赤に色付いた紅葉 スッと階段まで降り注ぐ紅葉
もみじの色付きにも様々あります 満開と言う言葉が似合う色付いた紅葉
紅葉シーズンには境内ある紅葉が色付き、紅葉を楽しみに観光客が多く来られます。

詳細データ
住所 和歌山県和歌山市紀三井寺
交通アクセス JR西日本 紀勢本線 紀三井寺駅から徒歩10分。
設備 駐車場、売店、お手洗い
お問い合わせ 073-444-1002
観光マップ
楼門編 本堂編